行政書士とは?

行政書士は、行政書士法に基づく国家資格者で、他人の依頼を受け報酬を得て、役所に提出する許認可等の申請書類の作成並びに提出手続代理、遺言書等の権利義務、事実証明及び契約書の作成等を行います。

具体的には、営業許可取得(マンション管理業者登録、宅建業免許、建設業許可申請、古物商免許など)、株式会社設立、合同会社設立、電子定款、各種議事録の作成、記帳代行、外国人に関する手続き、内容証明、クーリングオフ、離婚相談、相続、遺言、契約書作成、公正証書、車庫証明、自動車名義変更、パスポート申請などが行政書士業務となっております。

行政書士に依頼するメリット

日常なかなか書類作成・役所手続きなどといったものは行う機会がなかなかありません。

これらの書類は自分で作成しようと思えばできないことはありません。ご自身で全てを行うのも方法ではありますが、建設業許可申請などの書籍を読んだり役所への問い合わせを行ったりと、精神的にも肉体的にも疲れているときに作業を行わなければなりません。

行政書士は、書類作成・書類作成に関する相談のお手伝いが可能となっております。また、行政書士には守秘義務が課せられています。(行政書士法 第十二条)

法律の手続きは人生何度とないご自身の人生を決める重大な事です。後悔しないためにも行政書士などの専門家を利用することをお勧めします。少しでも失敗しない手続きを行ってください。

メールによるご相談は無料となっておりますので、まずはメール相談からでもご利用頂ければと思います。

行政書士に依頼するデメリット

行政書士などの専門家に書類作成の依頼をすると報酬が発生してしまいます。

お時間が奪われてしまったり、何度も役所へ行ってしまったりと手間がかかってしまう場合がありますが、費用を何がなんでも抑えたい方は、ご自身で書類作成などをするのも方法かと思います。

たとえば、行政書士に手続き一部分だけをお願いしたり、相談のみ行い書類をご自分で作成される方法もございますので、十分ご検討のうえ手続きを行ってください。